[学生が応募できる]募集中のデジタルコンテスト

宮崎ブーゲンビリア空港 デジタルサイネージ 学生動画コンテスト 2024

募集概要

本コンテストは、全国の中学生以上の学生を対象とした動画コンテストです。

「観光や出張で来られた方々」
「野球やゴルフなどプロスポーツ関係者」
「進学で県外に向かう方々」
「帰省から県外に戻る方々」

様々な方々が、色々な思いを胸に宮崎ブーゲンビリア空港から飛び立っていきます。
その方々に「また来るね、宮崎」と思っていただきたいという思いからスタートした動画コンテストです。

テーマにそった15秒の動画をご応募ください。
今年のテーマは「6つのS」(Sは宮崎の強みの頭文字:「食、スポーツ、自然、森林、神話」と「SDGs」)です。Sを一つ以上含めた動画を作成・ご応募ください。
また、今年から「中学生部門」は宮崎のお気に入りの場所を撮って送るだけなので、お気軽に応募ください。

皆様からのご応募、お待ちしております。

提出物

<提出物>
・作品タイトル
・作品に込めた思い(100字以内)
・長さ:15秒
・サイズ:アスペクト比 9:16(縦長なので注意)
 ※最小サイズはフルHD(縦:1920px 横:1080px) 最小サイズは4K(縦:3840px 横:2160px)
・フレームレート:24fpsまたは30fps
・形式:MP4
※観光地や絶景ポイントの場所が分かる編集を推奨(注釈、テロップを入れる等)
※利用許諾のある第三者の素材(動画、画像、音声)を使う際、取得先を明記(応募フォーム内の項目に)

■中学生部門
・加工なしの無編集の動画(音も撮影場所の音で)
・作品タイトル
・撮影場所(地名等)
・好きな理由(100字以内)
・長さ:15秒程度
・サイズ:縦長(スマホを縦の状態で撮影)
・必ず連絡がとれる連絡先

※空港内付近のドローン撮影は禁止
※商品名、店舗名は動画に出さない
※応募規定を順守のこと

■最優秀賞 1作品
JCBギフト券 5万円

■優秀賞 3作品
◎ケイメイ賞
選べる!宿泊券
以下の中からお選びいただけます
・ホテル高千穂:ペア宿泊券
・コテージ山霧(南郷温泉ドンタロの湯):コテージ一棟宿泊券
・美郷レイクランド:コテージ一棟宿泊券

◎宮崎県日之影町賞
日之影町名産品
(参考:日之影町のおススメ特産品)

◎共立ソリューションズ賞
全国で使える宿泊券

<高校生部門>
■最優秀賞 1作品
JCBギフト券 10,000円

<中学生部門>
■最優秀賞 1作品
JCBギフト券 5,000円

※賞品が変更の可能性があり


<受賞作品の副賞>
受賞作品は、イー・アンド・エム株式会社が宮崎ブーゲンビリア空港の出発口のフライトボード内に設置したデジタルサイネージで、2024年11月15日より1年間放送します。
入選作品も1年間の中で時期を分けて放送します。

参加資格

中学生以上の学生(中学生部門は中学生のみ)
※応募期間中に在学の方も応募可能
※未成年者は保護者または指導者の同意が必要

参加方法

公式サイトの「応募フォーム」からご応募ください。
(募集期間:2024年7月23日~2024年9月30日 必着)

※応募動画はYoutube上に限定公開でアップロードし、そのURLを応募フォームに記載
※WEBフォーム以外に、学校単位での応募も可とする (事前に指導教員からの連絡が必要)
※中学生部門は「中学生部門専用応募フォーム」から応募

<応募作品について、ご応募の前に必ずご確認ください>
・他者の著作権、肖像権等を侵害していないこと
・過去に他のコンテストに応募していないもの
・自身のSNS等で公開していないもの
 ※応募用にYoutubeでの限定公開のみ許可
・映像に映っている人の許可を得ること
・商品名、店舗名は動画に出さないこと
・空港内付近のドローン撮影は禁止
・応募規定を順守すること

参加費用

無料

結果発表

2024年10月31日
公式サイトとイー・アンド・エム株式会社のHPにて発表

※「受賞式」は決まり次第、公式サイトにて告知

※副賞
2024年11月15日より、
・受賞作品は宮崎空港のサイネージにて2025年10月まで公開
・賞品の発送は、受賞者に別途ヒアリングし順次発送
(表彰式でお渡しできる場合は、当日授与)

応募受付〆切

2024年9月30日 (月) まで

お問い合わせ・提出先

公式サイト「お問い合わせ」フォームより、問い合わせください。

<お問い合わせフォーム>
https://moviecontest.eandmgroup.org/contact/

主催

イー・アンド・エム グループ

出典:https://moviecontest.eandmgroup.org/

コンテスト、アワード等の趣旨やイメージが明確に伝わるように、公式サイトの画像を一部引用させていただく場合があります。
掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

※本連盟は、経済産業省「デジタル関連部活支援の在り方に関する検討会」が取りまとめた「Society5.0を見据えた中高生等のデジタル関連活動支援の在り方提言」(2022.3.31)の社会実装を担うものです。
詳しくはこちら(経済産業省ウェブサイト)
経済産業省