[学生が応募できる]募集中のデジタルコンテスト

第22回 PEAS Webアニメコンテスト神戸

募集概要

Webアニメコンテストは、2003年「アニメーション神戸」 の併設イベントとして開催して以来、22年目になる歴史あるアニメーションコンテスト。
小中学生から一般まで、異なる世代の応募作品を同じWebサイトに掲載することで、互いに作品を見て刺激し合える場所を提供してきました。
これほど長い期間、子供たちのアニメ作品を紹介し続けてきたコンテストは「PEAS Webアニメコンテスト神戸」しかありません。

情報を伝える手段が「紙からディスプレイ」に変わりました。
動画の普及とともに、アニメーション制作は、ますます重要になってます。

今年も幼稚園、小学生から一般の方までの3分以内の作品を募集します。テーマは自由。
制作者の年齢に応じて「小中学生の部」「高校・学生・一般の部」どちらかの部門に応募してください。

今年も多数の賞品を用意して、みなさんの作品をお待ちしています。


提出物

<募集作品>
作品時間:3分以内
※制限時間を大きくオーバーした作品は審査上不利とする

データ容量:
GIF作品は10MB以下
※作品の画面サイズ自由(標準掲載サイズは、幅640×高さ480(または360)ピクセル)

MP4作品、EVA作品は10MB以上も可
事務局で10MB以下に圧縮し掲載
※変換はフリーソフトHandBreakの決まったプリセットを使用。画質が落ちる事があります

<応募のきまり>
フォーマット:MP4形式、EVAファイル形式、GIFファイル形式のいずれか

※制作に使用できるソフトは、公式サイトを確認ください
「Adobe Animate CC (Flash)」「After Effects」「CLIP STUDIO PAINT」「EVAアニメータ・スクール」、9VAeきゅうべえ 等

※キャラクター、音楽・写真等の使用する際は、公式サイトを必ずご確認ください

■大賞:(各1名)
小中学生の部、高校・学生・一般の部:Wacom One ペンタブレット small 1台

■CLIP STUDIO PAINT賞:(計10名)
一般(大学生以上):CLIP STUDIO PAINT EX 2デバイスプラン 2年版 1名
中学生・高校生:CLIP STUDIO PAINT PRO 2デバイスプラン 2年版 2名
小学生:CLIP STUDIO PAINT DEBUT 2デバイスプラン 1年版 7名

■株式会社リオ賞:内容決まり次第発表
 
■だんグラ賞:(計2名)
だんグラ Kids(スマホ用MRグラス) 1本

■キッズプラザ大阪賞:内容決まり次第発表

■日本文教出版賞:(計2名)
優秀賞 1点
アイデア賞 1点
各賞に副賞 DVD「昭和30年代の日本」1本

■お楽しみプレゼント:抽選で毎月1名

※詳細は公式サイトを確認ください

参加資格

年齢、性別、国籍、プロ・アマは不問。
制作者の年齢に応じて、いずれかの部門にご応募ください。
■小中学生の部:幼稚園以下、小学生、中学生の方
■高校・学生・一般の部:高校生以上の方
※グループ応募やクラブ名での応募も可。もちろん個人応募も大歓迎です。

参加方法

メールでの応募に限ります。

公式サイト内「PEAS Webアニメコンテスト神戸応募用紙」に記載の必要事項をメール本文にご記入の上、応募作品(外部ファイルがある場合は外部ファイルも)をメールに添付し、応募先までご応募ください
・データサイズが4MBを超える場合、firestrageなどデータ転送サービスを利用ください
・1人(1グループ)による複数応募はOKですが、1か月ごとに1人(1グループ) 3点まで。3点を超えて応募の場合、応募月を分けて応募ください

※応募方法は「個人応募の場合」と「学校等からの一括応募の場合」により応募送付内容が異なります。
※申込方法の詳細と応募先メールアドレスは、公式サイトを必ずご確認ください。

参加費用

無料

結果発表

2024年11月頃に公式サイトにて発表予定

応募受付〆切

2024年9月30日 (月) まで

お問い合わせ・提出先

PEAS Webアニメコンテスト神戸運営事務局

webcon2024【@】googlegroups.com
※@を半角にしてメール送付してください。

主催

PEAS Webアニメコンテスト神戸実行委員会

出典:https://webcon-kobe.jp/

コンテスト、アワード等の趣旨やイメージが明確に伝わるように、公式サイトの画像を一部引用させていただく場合があります。
掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

※本連盟は、経済産業省「デジタル関連部活支援の在り方に関する検討会」が取りまとめた「Society5.0を見据えた中高生等のデジタル関連活動支援の在り方提言」(2022.3.31)の社会実装を担うものです。
詳しくはこちら(経済産業省ウェブサイト)
経済産業省