[学生が応募できる]募集中のデジタルコンテスト

デジタルえほんアワード 2024

募集概要

「デジタルえほんアワード」は、「デジタルえほん」という新しいデジタル表現手法の開拓と発展を目的に2012年に設立されました。

デジタル技術の発達により、わたしたちを取り巻く環境は大きく変化しています。
それはこどもたちの世界も同様です。
21世紀を生きるこどもたちは、絶えず変化するデジタルテクノロジーとともに生きていきます。
そんな新しい社会の新しい表現、新しいコミュニケーションである世界中の「デジタルえほん」をこどもたちに伝えていきたい。
デジタル技術は、こどもたちの世界を広げ、想像力をふくらませ、アイデアを形にできる道具です。

今年も、こどもたちを魅了するデジタルえほんを世界中から募集します。

提出物

2024年7月25日までに制作された「デジタルえほん」作品。
「デジタル絵本」は、パソコン、タブレット、スマートフォン、電子書籍、デジタルサイネージ、電子黒板、テレビ等、あらゆるデジタルデバイスを含む、こども向けデジタル表現の総称です。
この他、AI、AR/VR、ブロックチェーン、メタバース、ロボットなど新しい技術を活用したこどもたちの新しい表現や遊びを促す作品を大募集!

<応募作品に関する注意事項>
・同一コンテンツ内で複数コンテンツを体験・鑑賞できる作品は、1つの作品としてエントリーください
・有料作品は事務局が無料で閲覧できるかたちで応募ください
・スマートデバイスの対応機種、OSなど推奨環境がある際、エントリー時必ず明記ください
・特殊な環境や動作条件等あれば必ず明記ください
 例)作品閲覧にID・パスワードが必要、特殊な操作が必要 など

※その他詳細は公式サイトを確認ください

■一般部門
・グランプリ
・準グランプリ
・審査員特別賞


■キッズ部門
・グランプリ
・準グランプリ

などを予定



<審査基準>
以下3つの要素に基づき、審査を行います。

■たのしい!
こどもたちを魅了し、夢中にさせる楽しさ

■みたことがない!
これまで出会ったことのない新しい表現世界がひろがる!

■世界がひろがる!
こどもたちの想像力・創造力を育み、世界を広げてくれるしかけ


※「審査員」の方々については、公式サイトを確認ください。

参加資格

■一般部門:個人、チーム、団体、法人、国籍、年齢、性別等問わずどなたでも応募可
■キッズ部門:中学生以下(学校・塾・チームなどの応募も可。こちらも国籍、年齢、性別等問わずどなたでも応募可)
※応募作品数の制限なし。ただし、1回の応募で複数作品を同時に応募することは不可。複数作品応募の際は、1作品につき1回の応募が必要。

参加方法

①実物の作品の提供・貸与・送付が可能な場合(アプリケーション、映像、WEB、デジタルトイ等)
ブラウザ上で閲覧可能なURL、無料のアプリケーションの場合は配信元のURL、有料の場合はプロモーションコード(1作品につき2つ)を提出ください。
玩具や書籍などを伴う作品は、可能な範囲で事務局へ送付ください。
(未配信アプリ作品のエントリーは事務局へ問合せください)

②実物の作品の提供・貸与・送付が難しい場合(大型展示作品、インスタレーション、特殊な端末が必要な作品や郵送時に破損の恐れがある作品等)
作品詳細がわかる紹介映像や写真、資料等を送付ください。

※応募作品や補足資料など大容量を送付の際は「無料ファイル送信サービス」等を利用し、URLを公式サイト「エントリーフォーム」に記載ください。

※応募フォームにエラーが発生し正常に応募できない際は、公式サイトをご確認ください。

参加費用

無料

結果発表

2024年10月中旬頃に公開予定。
詳細については決定次第、公式サイトにてお知らせします。

応募受付〆切

2024年7月25日 (木) まで

お問い合わせ・提出先

デジタルえほんアワード運営事務局

〒105-7508
東京都港区海岸1-7-1
東京ポートシティ竹芝オフィスタワー8階 CiP内 

info【@】digitalehonaward.net

※@を半角にしてメール送付してください。

主催

国際デジタルえほんフェア実行委員会

出典:http://www.digitalehonaward.net/

コンテスト、アワード等の趣旨やイメージが明確に伝わるように、公式サイトの画像を一部引用させていただく場合があります。
掲載をご希望でない場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

※本連盟は、経済産業省「デジタル関連部活支援の在り方に関する検討会」が取りまとめた「Society5.0を見据えた中高生等のデジタル関連活動支援の在り方提言」(2022.3.31)の社会実装を担うものです。
詳しくはこちら(経済産業省ウェブサイト)
経済産業省